フォーラム活動報告
Musicman-NET SPECIAL REPORT & INTERVIEW
レコーディング三者協議会(ref) 設立記念座談会 1/4page

 この座談会は音楽業界情報サイトMusicman-NETの
 スペシャルリポート&インタビューとして掲載された記事を転載したものです。


東京音楽事業者連盟理事長 大野祥孝氏
日本音楽スタジオ協会会長 内沼映二氏
演奏家権利処理合同機構MPN理事長 椎名和夫氏

東京音楽事業者連盟、日本音楽スタジオ協会、演奏家権利処理合同機構MPNが、新団体「レコーディング三者協議会」(通称:レコーディング フォーラム)を2013年1月に設立した。この新団体設立を記念して、各団体より、東京音楽事業者連盟理事長 大野祥孝氏、日本音楽スタジオ協会会長 内沼映二氏、演奏家権利処理合同機構MPN理事長 椎名和夫氏が参加し、座談会を行った。新団体設立に至った経緯や、それぞれの団体が抱えている問題、三者が一体となってできることについて語っていただいた。(司会 大崎志朗)
[2013年4月23日 / レコーディング三者協議会にて]
プロフィール
大野祥孝(おおの・よしたか)
東京音楽事業者連盟理事長/株式会社新音楽協会常務取締役

19才の頃までバンドでキーボードを担当。バンド解散後は音楽の様々な仕事を経験する。
ある時、知人の紹介で現在の株式会社新音楽協会へ入社、今年で30年目になる。
ミュージシャンのコーディネートを主にタレントのマネージメントや音楽制作を担当。中でも劇中音楽の制作は数多い。

内沼映二(うちぬま・えいじ)
日本音楽スタジオ協会 会長/株式会社ミキサーズラボ 会長

1944年 群馬県生まれ
「テイチク」「ビクター」「RVC」録音部を経て、1979年にレコーディング・エンジニア集団の(株)ミキサーズラボを設立。
エンジニアの派遣業とともに、1990 年には自社運営のレコーディング・スタジオ「WESTSIDE」を設立。
また1994年、新たにCDマスタリングセクションの「DISC LAB」をON AIR 麻布スタジオ内に設置。
ジャンルを問わず数多くのアーティストを手掛け、日本では当時先駆的であった、リミックス(12インチ・シングル) の制作を始めるなど、そのキャリアは40年を数える。
1994年から1998年には社団法人日本音楽スタジオ協会の会長を務め、現在に至る。

椎名和夫(しいな・かずお)
演奏家権利処理合同機構MPN理事長

1952年東京生まれ。ムーン・ライダースの結成に参加後、スタジオ・ミュージシャン、編曲、プロデュース等の活動に転じ、井上陽水、山下達郎、吉田美奈子、中森明菜、中島みゆき他多数のアーティストのレコーディング、ステージでの演奏や、編曲、プロデュースを担当。1986年駒沢にスタジオ・ペニンシュラ設立。1995年演奏家団体パブリックインサード会(PIT)設立。1998年演奏家権利処理合同機構 ミュージックピープルズ ネスト(MPN)を設立。
現職は、日本芸能実演家団体協議会常務理事・同実演家著作隣接権センターCPRA運営委員、映像コンテンツ権利処理機構aRma理事、文化庁文化審議会著作権分科会委員・同法制・基本問題小委員会委員、総務省放送コンテンツ権利処理円滑化連絡会委員、デジタル時代の著作権協議会「著作権ビジネス研究会」主査など。

●2013年の1月に東京音楽事業者連盟(音事連)、日本音楽スタジオ協会(JAPRS)、演奏家権利処理合同機構MPN(MPN)が「レコーディング三者協議会」(通称:レコーディング フォーラム、略称ref)を設立しました。コーディネーター、ミュージシャン、レコーディングスタジオの団体が集まった今までにない協力体系でのスタートとなります。まず、この新団体の設立に至った経緯を新団体の代表でもある、椎名さんからお願いします。

椎名:1998年当時、CDが最も売れた時代のパッケージ売り上げは6000億を超えていましたが、現在は3000億ちょっと。当然ながらレコーディングにかかわる様々な個人、企業、団体が激変にさらされている状況にあると思います。音楽産業も様々に厳しい局面をむかえる中で、エンジニア、プレーヤー、それをコーディネート及びマネージメントする三者が議論したり、あるいは発信したりすることが必要なのでは、というところが最初の発想で、緩やかな枠組みを作り業界の嵩上げにつながればと思い設立しました。

●大野さんはコーディネーターとしてミュージシャンやスタジオの橋渡しをする立場ですが、refの設立についてどう思われますか?

大野:コーディネーター業務として、今まではミュージシャンだけをコーディネートしていたところが多かったんですけど、やはり音楽コーディネート業の多様化というか、手掛ける業務が増えてきたんですね。その中でスケジュール管理が出てきました。そうすると当然スタジオとミュージシャン、レコード会社との調整など、コーディネーターが担うスケジューリングの比重は増えてきます。その中で、起こった問題を実際に話し合う場がなかったので、今回私どもにとってもいい機会だと思います。refを通してみんなが幸せになれるような事を話し合っていきたいですね。例えば録音の仕事じゃなくイベントでもいいですし、時には新人を発掘して、「refが発掘したミュージシャンだ」ということが後々形にのこれば一番理想じゃないかなと思います。

●JAPRSもこれまで音事連やMPNとの接点は多かったと思うのですが、一緒に団体を設立されたということで、内沼さんとしてはいかがでしょうか?

内沼:音楽制作のスタイルが多様化していることもありまして難題は山のようにあるんですよね(笑)。JAPRSだけで解決というのは非常に難しく、それを我々三者で協力しあうrefをスタートできたというのはとても意義があると思います。細かい問題点は多くありますが、少しずつクリアしていければいいかと思っています。

椎名:アメリカでは職業別にギルドやユニオンがあって、それらが連携することによって業界の秩序を形成している状況を何年も横目で見てきました。日本ではユニオンという文化も全然違ったりするのですが、限定的ではあるけどステークホルダーが集まって恒常的な議論ができる場が必要だと感じていました。

●椎名さんの発言にもあったように、音楽市場が落ち込んだことでそれぞれの現場が抱えている問題があります。制作費が極端に少なくなった、レコード会社の制作担当が減り、制作が丸投げされることが増えたため、多種多様なクライアントさんと付き合っていかなければならないなど、悩みは尽きませんね。

内沼:パッケージの売上は減っていますが、配信やライブの売上は多くなってきているので、音楽業界のパイは決して減っているばかりでは無いと思うんですよね。ただ、今後配信の比率がますます上がっていくと思いますが、現在の配信では誰の演奏なのか誰がエンジニアなのか、スタジオはどこなのかという情報が存在しないわけです。とてもまずいなと思うんですよね。音楽の文化は未来に残していくわけですから、データをきちんと残して欲しいかなと思います。

椎名:データの話について言えば、レコーディングの手法が変化した事も影響しています。打ち込み中心のコンピュータから出てくる音でオケが構成されれば、プロフェッショナルなスタジオが必要なくなってしまう。同様にプロフェッショナルなミュージシャンも、マネージメントも必要なくなってしまうような状況がある中で、これからプロフェショナルであるいうことをどのように訴求していくかという課題があります。やはりすぐれた作品を作り出す背景にはミュージシャンでいえば肉体的な努力であったり、知識の学習であったり、エンジニアもそうですよね? 経験から積み上げていく。マネージメントも同じだと思うんですよ。そういうプロフェッショナルなレベルを持った人たちがより良い影響を与えていく必要があるとおもいます。


[ 2ページ目へ ]
| 1 | 2 | 3 | 4 |